STAFF BLOG

遺体霊柩搬送の諸料金

日本からの海外への遺体移送の流れ

日本国内で外国人が死亡された場合には、はじめに死亡者の遺族に遺体処置(火葬・土葬)の方法をご確認します。
遺族が国外にいる場合には、領事館等を通じて確認を行います。
ご遺体を国外に移送する場合、ご遺体をエンバーミング(防腐処置)して送り届ける場合があり、日本国内ではエンバーミングをする施設等が少ないですが首都圏を始め、大阪・名古屋ではできる場所も多くあります。
しかし、エンバーミング費用が掛かるので、火葬を薦めるケースが多いように見受けられます。
エンバーミングをする場合、それを行う施設を領事館で紹介してもらう方法があります。
大都市圏の葬儀社等で紹介できるところもあり、もちろん弊社でもご紹介は可能です。
エンバーミング処置や飛行機での遺体移送は、料金が高額なため、料金支払済みの書類が必要な場合もあります。

また、遺体を移送するためには、当然遺体を受け入れる国の規定に従います。領事館(大使館)で、遺体移送手続きに必要な書類を提出し、エンバーミング、通関手続き等を行います。

wordtransport001

基本的な流れ

遺族に遺体処理方法を確認する。遺族が国外の場合には領事館、又は大使館を通して行います。

(1)火葬して遺骨を移送する場合
死亡診断書 2通
1通は死亡地の役所に提出し、埋火葬許可書を受け、1通は領事館に提出します。
また火葬後の埋葬許可書と葬儀費用の明細を領事館に提出します。
(2)遺体移送の場合
死亡診断書 2通
うち1通を領事館、1通を遺体処理する病院に提出します。
遺体処理証明書
エンバーミングを行った病院担当医の処理証明書を領事館に提出します。
梱包証明書
梱包証明書は、棺のなかに遺体以外は入っていないことを述べた書類で、領事館員立会いの元に遺体の納棺梱包します。

(3)航空機の手配

(4)国別の取り扱い規定外国に遺体を移送する場合は、移送する国の最新の規則について領事館に相談する必要があります。

  1. 死亡者氏名
  2. 死亡原因(伝染病でないこと)
  3. 送り主
  4. 送り先
  5. 送り先の国籍・住所・氏名
  6. 梱包サイズ
  7. 使用ドライアイス量
  8. 移送内容と取り扱い葬儀社名
  9. 遺族名

遺体移送は貨物扱いになります。航空貨物運送会社に手続きを代行してもらいます。

コメントは利用できません。